郷土

勝山の風土は多彩な顔を見せてくれます。かつては商業の町、そして、勝山藩が置かれてからは城下町として栄え、独自の文化を育んできました。その藩に献上酒を醸し、杜氏の技を研鑽してきた御前酒蔵元の地酒。名所、神庭の滝から跳ねた一滴が大地に跳ねて生まれたといわれる、やまのいも銀沫(ぎんしぶき)や、富原地区のお茶など多くの特産品が生まれ、親しまれています。

お祭り振舞い樽酒あります。

2018.10.20

各若連の総代揃い踏み

2018.10.19

江戸時代から続く勝山まつり

2018.10.18

勝山の町並み地区から少し離れた三浦邸は、三浦藩主の末裔のお屋敷。

2018.10.9

御前酒_蔵元ショップSUMIYA。

2018.9.4

勝山は戦中、谷崎潤一郎の疎開先でした。細雪の一部の執筆もされたとか。

2018.8.31