まちづくり

個性ある町づくりを地域住民が主体となって取り組んでいます。のれんの町と呼ばれるようになった背景にも、住民の、町を愉しくしたいという想いがあります。さらに「お雛まつり」などの企画や町並み保存地区の整備・公共施設の運営にいたるまで幅広く行っています。現在、ゲストハウスの立ち上げ、舟宿プロジェクトと多岐に広がり、勝山にあれば良いものを積極的に創り出しています。

11/11日曜日に、町家deクラス2018の一環で、舟宿にて漆喰塗りのワークショップが行われました。

2018.11.12

11/10に行われた大月ヒロ子さんのワークショップは、クリエーティブリユースの実践版。街の中のゴミをいらないものから、楽しいものへと昇華させる、物の見方を教えていただく。写真は辻本店さんのお酒のキャップ。改めてクリエーティブリユース的な視点で見ると、味わい深い。

2018.11.12

まちと舟宿のためのクリエイティブリユース

2018.11.10

平田オリザさんのワークショップです。

2018.10.27

平田オリザさん in 勝山!

2018.10.26

置物ではありません。

2018.10.12

岡山県立大学ボランティア演習@勝山クラフト市2018

2018.10.6

椎の木御殿でヨガレッスン

2018.10.6

9/29に現在改修の工事を進めている池田邸(舟宿)の第1期工事の報告会が行われました。

2018.10.1

昨晩は先日まちバルを取りまとめた地域の若者とシニア層が中心となったNPOのメンバーとで意見交換会。クルマに例えると若者がエンジン。シニアがハンドル。そんな関係ができたらいいなと思います。

2018.9.29

勝山こども園の運動会。とてもにぎやかです。

2018.9.23

本日活用会議の行われた三浦邸は、今日みたいな少し雨交じりの天気がとっても素敵な場所です。

2018.9.22