まちづくり

個性ある町づくりを地域住民が主体となって取り組んでいます。のれんの町と呼ばれるようになった背景にも、住民の、町を愉しくしたいという想いがあります。さらに「お雛まつり」などの企画や町並み保存地区の整備・公共施設の運営にいたるまで幅広く行っています。現在、ゲストハウスの立ち上げ、舟宿プロジェクトと多岐に広がり、勝山にあれば良いものを積極的に創り出しています。

家紋や屋号マーク?入りの蔵たち

2019.3.22

勝山のお雛まつりが近付いてきました。

2019.2.9

《地域人》最新号に勝山掲載!

2019.2.1

勝山の街並み保存地区にある[顆山亭]。

2019.1.28

のれんの町・勝山

2019.1.25

本日、勝山文化センターにて、地域がつながる、やまびこ大交流会2018が開催です。

2019.1.20

勝山振興局にものれん

2019.1.9

今年も図書館

2019.1.6

コーヒーの香り

2018.12.28

勝山ペディア開催!

2018.12.10

先日、引退された勝山の人力車まつもとさんが、地域づくり推進賞を受賞されました。

2018.12.6

勝山と同じ真庭市にある、蒜山中和(ちゅうか)の旧平岡商店さんがリノベで、コミュニティスペースに生まれ変わりました。

2018.12.5