山の暮らし

旭川や中国山地の山々に囲まれ、自然に恵まれた勝山。そこには地場産業として林業と農業が存在しています。森からは原木が切り出され、各所に製材工場があります。それらの木材を流通させる出発点としての木材市場が活躍。地元の資源を生かした新しい試みとして、古来から伝わる製法を2016年に復活させた富原こんにゃくや薬草フィールドワークなど、日常的にひとの手が入ることで里山の風景が維持されています。

蝋梅をいただきました。

2020.1.15

町並み保存地区から川向こう、木材ふれあい会館の中にあるお蕎麦屋さん、一心庵の定休日と営業時間が来年から変更になるそうです。

2019.12.2

あゆの塩焼き

2019.9.4

葛の花でシロップづくり

2019.8.26

台風一過

2019.8.17

大きい!

2019.7.19

薬草摘み

2019.7.2

薬草で虫刺され薬(どくだみ)

2019.6.24

屋根の菖蒲&ヨモギ

2019.6.7

黄緑

2019.5.23

食べる薬草:ノビル

2019.5.6

新しいCLT建造物、

2019.4.23